過払い金請求を自分でやるメリットとデメリット

過払い金請求を自分でやるメリットとデメリット

過払い金の請求は司法書士や弁護士に依頼しなくても、自分でもできます。自分でやることができれば報酬を払わなくてすむので過払い金請求にかかる費用はおさえられます。一方で、自分で過払い金請求をする場合にはいくつかデメリットも。ここでは過払い金を自分でやる場合に考えられるメリットとデメリットをご紹介します。

過払い金請求を個人でやるメリット

司法書士や弁護士などの専門家への報酬を払わなくてすむ

過払い金請求を自分でやるメリットは、専門家に依頼するより過払い金請求の費用がおさえられることです。司法書士や弁護士などの専門家に依頼した場合、取り戻した過払い金の金額に対して一定割合の成功報酬を支払うのが一般的です。

成功報酬の割合は事務所によって違いますが、話し合いによる交渉であれば20%、裁判をおこなって解決した場合は25%が上限になっています。過払い金が多くなればなるほど、成功報酬として支払う金額は多くなります。

支払う割合の上限は決まっていますが、費用を支払いたくないという場合は自分でやれば専門家に依頼するための報酬を支払うことなく過払い金請求ができます。

過払い金請求を個人でやるデメリット

時間と労力がかかる

過払い金請求を個人でやるデメリットは時間と労力がかかることです。自分でやる場合は貸金業者からの取引履歴の取り寄せから貸金業者との過払い金交渉まで、多くの手続きを自分でやる必要があります。自分で過払い金請求の金額の算出も必要です。

また、話し合いでは金額に満足できず、訴訟に移行する場合は、裁判に必要な書類を作成し、裁判所に出廷する必要があります。裁判所への出廷は平日になるので土日休みの仕事であれば仕事を休む必要も出てきます。裁判を起こすには費用もかかります。また、和解交渉ならいくらくらい戻ってきて、裁判をおこしたらいくらくらい戻ってくるというシミュレーションが必要ですが、個人でやる場合はノウハウや経験がないので判断が難しいです。

自分で過払い金請求をする場合、手続きに慣れていないため、調べながら進めなければならないことも多く時間がかかります。貸金業者のなかには司法書士や弁護士などの専門家には迅速に対応するが、個人に対しては対応を遅らせる業者もあり、さらに時間がかかる場合も。個人でやる場合は時間と労力がかかることを覚悟する必要があります。

取り戻せる過払い金の額が少ない可能性が高い

貸金業者からすると、過払い金はできるだけ払いたくないもの。担当者は過払い金請求対応に慣れているプロなので、できるだけ払わない、もしくは低い金額で解決しようとしてくるでしょう。自分で過払い金請求をした場合は、担当者にうまく言いくるめられてしまう可能性も。

自分で過払い金請求をした場合は、司法書士や弁護士などの専門家に依頼した場合に比べて取り戻せる金額が低くなる傾向があります。過払い金請求にいつも対応している貸金業者の担当者に比べると個人は法律に無知な場合が多く、詳しくない分交渉は不利になります。

貸金業者によっては、個人での過払い金請求ではなかなか納得のいく金額を提示してくれない場合でも、司法書士や弁護士などの専門家が交渉すると一気に取り戻せる金額を高くしてくることも。自分で過払い金請求をすれば専門家に依頼する費用がいらなくなる分、必ずしもたくさん過払い金が返ってくるわけではないことに留意しておきましょう。

家族に借金がバレてしまう可能性が高い

自分で過払い金請求をやる場合、貸金業者と直接やり取りをすることになります。書類のやり取りも必要になってくるので、自宅に貸金業者や裁判所から郵便物が届くことも。交渉のための電話もかかってきます。

家族と同居している場合は家族に過払い金請求をしていることがばれてしまうこともあります。借金をしていることを内緒にしている場合は自宅への郵便物や電話で過払い金請求のことが知られたことで結果的に借金がばれてしまうことも。自分で過払い金請求をする場合はかなり注意が必要になります。

借金を返済中の過払い金請求の場合、督促がストップしない

借金を返済中に過払い金請求する場合には、自分で過払い金請求をすると貸金業者からの督促について留意しておく必要があります。司法書士や弁護士などの専門家に依頼すれば借金の返済を一旦ストップすることができますし、督促もとめることができます。

ただ自分で過払い金請求をすると督促は止まりません。貸金業者との交渉が長引いて過払い金が支払われるのに時間がかかると、自分で過払い金請求をしている場合は大変です。話し合いで納得できず裁判に移行した場合は解決までに1年以上かかることもあります。

過払い金請求は自分でやったほうがいいのか?

過払い金請求は自分でやることができます。過払い金請求を自分でやる最大のメリットは司法書士や弁護士などの専門家に支払う報酬が必要ないことです。しかし、個人でやった場合、時間や手間がかかる、取り戻せる金額が少ない可能性がある、督促が止まらないなどのデメリットもあります。

過払い金請求を自分ですれば、専門家に依頼する報酬はかかりませんが、取り戻せる過払い金額が少なくなる可能性があります。残念ながら、必ずしも司法書士や弁護士などの専門家に依頼する場合に比べて多くの過払い金が手元に戻ってくるとは限らないと思っておいた方がよさそうです。過払い金請求を自分でやる場合はメリットとデメリットを確認し、しっかり検討したうえでどうするか判断しましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守

関連記事