過払い金請求とリボ払いの関係性について

過払い金請求とリボ払いの関係性について

最近、テレビCMや電車の広告ポスターなどで、<過払い金請求>や<リボ払い>というのを、目にしたり聞いたりします。 しかし、実際にその内容を詳しく知っている人はとても少ないのです。

リボ払いは、便利な機能ではあるのですが、そのデメリットや注意点を知らずに使用すると、後々大変なことになりかねません。 キャッシングやショッピングと利用方法が違うと、過払い金請求ができるかできないかも、変わってきます。

今回の記事では、リボ払いの仕組みや過払い金について詳しく説明します。

過払い金が発生する理由

UNI16040516IMG_0017_TP_V

過払い金とは、返済時に支払い過ぎていたお金のことです。

2010年に法律が改正されるまで、借金に関する法律は出資法と貸金業法の2種類の法律が存在していました。 2種類の法律が定める金利上限は異なり、多くの貸金業者は高い金利を採用していたことで過払い金が発生しました。

この出資法と貸金業法の上限金利の差はグレーゾーン金利と呼ばれ、グレーゾーン金利で借入をしていた人は返還請求を行うことが可能です。

過払い金は払い過ぎた金額を計算し、返還請求することでお金を取り戻すことができます。ただし、過払い金は最後に借り入れや返済を行った日から10年経過すると時効で消滅するため、お金を借りたのが10年近く前の場合は早めに請求を行いましょう。

意外と知らないリボ払いとは

credit-card-1369111_1280

分割払いとリボ払いの違い

クレジットカードを利用する時はいくつかの支払い方法がありますが、有名なものとしてリボ払いと分割払いがあります。この2つはよく似ている所があるので混同されやすいです。 しかしながら、実はかなり違う支払い方法になっています。

リボ払いは毎月一定の金額を支払うもので、大きなお金を借りていても支払額が増えない特徴があります。そのため毎月一定の支払いは可能でも、大きなお金を支払うのが難しい時に向いています。

分割払いは支払いの総額を返済する月で割って、毎月の支払額を設定する方法です。 この返済方法は利用した金額によって返済額が変わるタイプで、その金額を毎月支払う方法です。

リボ払いと分割払いは毎月一定の金額を払う、という点ではよく似ているところがあります。ただ分割払いの場合は特定の期間で返済が終わるのに対し、リボ払いは返済の期限がない点が違っています。 その影響でリボ払いはいつまでたっても返済が終わらないことがあるので、違いを理解はすることが大切です。

分割払いは特定の期限までに分割して支払う方法で、リボ払いは毎月の支払いを一定にするものです。 お金を支払う側からすると非常に似ていますが、返済の仕組みはぜんぜん違う制度になっています。

リボ払いの危険な仕組み

リボ払いは毎月の支払いを一定にするもので、月々の負担を減らせる便利な制度です。 ただこの支払い方法にはリスクも存在しているため、リボ払いの仕組みについては理解が必要です。

この支払い方法は毎月一定の金額を支払いますが、それは大きなお金を借りていても変わりません。 少ない金額を借りている場合は、返済に問題が起こることはほとんどありません。

しかし、大きなお金を借りてしまうと返済が難しくなって、何年も返済をし続けてしまうケースが存在します。大きなお金を借りる時は金利負担も大きくなりますが、リボ払いでは毎月の返済が少額なので気づきにくくなります。 そのため毎月一定の金額を支払っているつもりが、借りたお金の利息分で殆ど消えてしまっていることがあります。

元金を減らさないと返済は長引いてしまうため、元金をどう減らすかが借金返済では重要です。 リボ払いは便利な面もありますが、元金を減らすのが難しい返済方法であることを理解する必要があります。

返済方法は毎月一定の金額を支払いますが、大きな借入がある場合は支払いの多くが利息分で消えてしまいます。 そのためリボ払いを利用する場合は、支払いによってどの程度元金を減らせるのか確認をすることが大事になります。

リボ払からも過払い金請求はできる!

MAX76_gjmax20140531_TP_V

クレジットカードには2つの機能がある

クレジットカードを作ると、与信枠としてショッピング枠とキャッシング枠の2種類が設定されます。 ショッピング枠を利用してクレジットカードで買い物をすると、信販会社が代金を一時的に立て替え払いしている状態になるので、例えリボ払いで支払ったとしても付くのは金利ではなくリボ払い手数料です。クレジットカードのショッピング枠は、立て替え払いのために利息制限法による上限金利の規制を受けないことから、過払い金請求の対象とはなりません。

クレジットカードでお金を引き出して借りるキャッシング枠を利用した分については、リボ払いの金利が法定金利を超えている分について過払い金請求が可能です。 リボ払い残高が多く、法定外金利とかんがえられるならば、利用している枠がキャッシング枠であることを確認する必要があります。

リボ払いでキャッシングしていた人は過払い金請求ができる

過払い金請求は、業者に支払い過ぎた利息を返してもらう制度のことです。なぜ過払い金が発生するのかというと、現在法律で決められている金利に比べて、昔は金利が高く設定されていたためです。

過払い金は消費者金融で借りたお金だけではなく、クレジットカードのリボ払いにも発生します。 ただし、リボ払いで支払いを行っているものなら、何でもよいというわけではありません。

過払い金請求ができるのは、キャッシング枠のリボ払いだけです。 キャッシング枠を利用するということは、現金を借り入れるという行為にあたります。消費者金融でお金を借りることと同等ですので、過払い金請求を行うことが可能になるのです。

現在は、キャッシング枠のリボ払いの金利は20%以内です。昔は30%近くの金利が設定されていました。 そのため、30%近くの金利で支払をしていた人は過払い金が発生している可能性が高いので、過払い金請求をしてみましょう。

リボ払いでもショッピング枠は過払い金請求ができない

リボ払いで支払い過ぎた利息は過払い金請求で返ってきます。 しかし、同じリボ払いでもショッピング枠で支払ったお金は、過払い金請求で返ってくることはありません。

金利が20%を超えていたとしても、過払い金請求の対象外なのです。なぜかというと、ショッピング枠の支払いは立て替え金として扱われるためです。 過払い金請求は、消費者金融などの支払いに関する法律が適用されます。

しかし、立て替え金は別の法律が適用されるため、過払い金請求の対象外なのです。 支払いを帳消しにする目的で過払い金請求をしたいと考えているのなら、ショッピング枠の支払いは債務整理をするしかありません。

債務整理をするとブラックリストに登録されてしまいますが、支払いが長引けば長引くほど利息が膨らんでいきます。 債務整理をすれば借金の額を減らしたり、利息を支払う必要がなくなったりなどのメリットがあります。

ショッピング枠のリボ払いは任意整理するしかない

クレジットカードのショッピング枠を利用してリボ払いを続けている場合、過払い金請求の対象とはなりません。現金を借りたわけではなく、信販会社が代金の立て替え払いを行ったに過ぎないからです。 リボ払いを続けて行けないと考えた場合には、過払い金請求ではなく任意整理を行なうと良いでしょう。

リボ払いを続けることが難しい原因として、リボ払い手数料の高さだけでなく、返済額に対する元金充当額が少ないことが挙げられます。 任意整理を行えば、リボ払い手数料の減額やカットに信販会社が応じてくれる場合があるでしょう。 任意整理を行った事実は、個人信用情報機関へ登録されるので、無理なく返済出来る範囲で実質的な金利を下げる交渉が重要となります。

任意整理は弁護士に任せて、金利カットを目指すと良いでしょう。

クレジットカードのリボ払いを過払い金請求する際に押さえておきたいこと

YOTA82_sorehabatu15123856_TP_V

過払い金請求したクレジットカードが使用できなくなる

過払い金請求ができる条件は年利が20パーセントを超えている場合です。 当時は上限が29.2パーセントでしたので、20.1パーセントから29.2パーセントの間で年利を設定していた業者に対して過払い金が請求できるということになります。

過払い金を請求する場合、クレジットカードのリボ払いで借りていた時も請求ですることができます。通常の支払いもリボ払いもそれぞれ支払いの仕方に違いがあるだけで、どちらも多く利息を取っていることには違いがないからです。

過払い金請求をした時には、それ以降その会社のクレジットカードを利用することができなくなります。なぜなら、会社としてはできるだけ過払い金請求をしてほしくありません。 そのため過払い金をしてきた顧客に対して、再びクレジットカードを発行することは普通考えられません。

この点、ほかの会社のクレジットカードは作ることができます。 ただし、完済する前に過払い金請求をして、債務が残ってしまいブラックリストに登録されてしまうと、最低でも5年はカードをつくることができません。

債務が残ってしまう場合はブラックリストに載ってしまう

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が用意されています。この内キャッシング枠のみ過払い金請求をすることができます。

基本的にショッピング枠は借金として扱われないので、任意整理を行う以外の手段がありません。 過払い金請求を行うと、請求をした会社のクレジットカードが使用できなくなるので気をつけておきましょう。

過払い金返還に成功したとき債務が残ってしまう場合はブラックリストに入ってしまうため、借金完済後の過払い金請求が無難です。

ショッピング枠の債務が残っている場合もブラックリストに載ってしまう可能性がある

リボルビングの過払い金請求をする前に、ショッピング枠に借金が残っているのかチェックしておくことが重要です。 キャッシング枠からの過払い金請求でもショッピング枠に残高がある時、まずはショッピング枠の借金返済に当てられてしまうからです。

ショッピング枠の残高が多いとキャッシング枠の借金を返済できなくなってしまいます。 過払い金請求後、ショッピング枠に未払金が残ってしまうと、ブラックリストに登録されてしまいます。 ですから、クレジットカードのリボ払いの過払い金請求をする時は、ショッピング枠の債務が残っているかどうか、確認するようにしましょう。

リボ払いのキャッシングで過払い金が発生している有名なカード会社とは

building-212526_1920

2007年より以前からクレジットカードを利用し、キャッシングでリボ払いを利用していたなどに、過払い金が発生している可能性があります。2007年から段階的に施行されている改正貸金業法を受けて金利の改定が行われているので、2008年以降にはこうした高い金利によってキャッシング時に過払い金が発生することは少なくなりました。

有名なカードとしては、イオン、ビューカード、ポケットカード、マイベストや三菱UFJニコスなど。 Oricoカードやセゾンカードも、かつて法改正までは高い金利が適応されていたので、2007年以前より長期間にわたってキャッシングの返済を行っていた方は、過払い金が発生している可能性が高くなります。

返済し終わっていても、10年以内であれば過払い金返還請求が可能なので、気になる方は調べてみることもできます。

まとめ

account-1778_640

過払い金請求の対象にはクレジットカードのリボ払いがあります。 過払い金請求をするためには、過払い金やリボ払いについて知っておくことが大切です。また、分割払いとリボ払いの違いや、リボ払いの危険な仕組みも把握しておきましょう。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠とがあり、リボ払いでキャッシングしていた場合は過払い金請求が可能です。 一方、ショッピング枠のリボ払いは任意整理するしか方法がありません。

クレジットカードのリボ払いを過払い金請求した場合、そのクレジットカードの使用ができなくなるほか、債務が残る場合はブラックリストに掲載されます。 ショッピング枠の債務が残る場合もブラックリストに載る可能性があります。

過払い金請求には最終取引日から10年間の時効があります。 そのためリボ払いのキャッシングで過払い金請求が発生している会社を把握し、ここあたりがある人は早めに過払い金請求を行うことが求められます。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守

関連記事