クレジットカードは過払い金請求できるの?知っておきたい過払い金請求の知識

クレジットカードは過払い金請求できるの?知っておきたい過払い金請求の知識

この記事では、クレジットカードの過払い金請求について詳しく触れていきます。

そもそもクレジットカードの過払い金請求とは何かという基本的な情報はもちろん、頭に入れておきたいデメリットも紹介します。

よく状況を考えて行動を選択しないと、ブラックリストに載ってしまいクレジットカードが作れなくなる可能性があります。 自分自身が将来的に困ることがないよう、どのように過払い金請求を進めて行けば良いのか参考にしてみてください。

過払い金請求ができる条件

bitcoinPAKU5907_TP_V

過払い金請求とは簡単に言えば「払いすぎた利息を取り戻す」という事です。

利息制限法と出資法の2つの上限金利には開きがあり、出資法の上限金利は29.2%と利息制限法を越えていました。 しかし、みなし弁済という法律があり、これのおかげで出資法の上限金利で貸付を行うことができました。そのためこの本来なら違法である金利、グレーゾーン金利で貸付する賃金業者が多く存在しました。

ただし、2006年の最高裁でみなし弁済を利用したグレーゾーン金利での貸付は違法であるという判決が下されました。 その結果、グレーゾーン金利で借入をしていた人は過払い金が発生するようになり、過払い金請求ができるになりました。

過払い金請求は場合によって、取り戻すのがほとんど不可能なケースもあります。 定番なのは時効になってしまうケースで、最後に取引をした日から10年以内に請求しなかった場合は時効が適用されてしまい、業者に返還を求める裁判をしても、負けてしまう可能性が高くなります。

他にも武富士のように業者そのものが倒産してしまった場合も、取り返すのはほとんど不可能に近いです。 さらに、10年以内に請求できても借りたのが、最初から利息制限法を守らないような違法業者だった場合も回収するのはほとんど不可能になります。

こういう業者は、住所や電話番号などコロコロ変えたり嘘の場合も多いので、結局相手の名前も住所もわからずに過払い金請求を諦める事になるケースが多いです。

この3つのケースに当てはまらないのが、過払い請求ができる基本的な条件です。完済後に10年経過して再び借入をした場合は完済前の借入の利息も「一連の借入」と主張する事ができるので、こういう場合なら過払い金請求ができるケースもあります。

クレジットカードにも過払い金は発生する

PAK85_kinkaiokanemochi20131005_TP_V

クレジットカードのキャッシング枠は過払い金請求ができる

クレジットカードはキャッシングとショッピングの二つの機能を持っています。

ショッピング枠は法律の上では立替金となるので、過払い金請求することはできません。一方、キャッシング枠では過払い金が発生している可能性があるので返還請求できます。クレジットカードのカードローンと同様に借金となるので、利息上限法を超えた利息を払っていた時期があれば過払い金請求ができるのです。

ただし、クレジットカードの過払い金請求をするときには注意が必要です。 クレジットカード会社へ過払い金請求すると、その会社のクレジットカードを使うことができなくなります。 請求された側の会社では不利益をもたらす顧客として、今後登録されることになり更新もできません。

毎月の支払いにそのカードを使っている場合は、返金請求をする前に別のカードへ請求先を変更しておく必要があります。

クレジットカードのショッピング枠は「借金」ではないので過払い金は発生しない

過払い金請求は払い過ぎた利息の返却を要求する行為です。現金の借り入れを行うと返済時に利息を支払う必要がありますが、法定金利で算出される金額以上の利息が請求されるケースがあります。

過払い金請求は不当な算出額の利息を返却してもらうための請求行為なので、対象はクレジットカードのキャッシング枠を含めた現金の借り入れに限定されます。

クレジットカードのショッピング枠を利用した場合は利用金額に加えて手数料を支払うことになります。ショッピング枠の利用は購入費を一時的にカード会社が肩代わりして、後日に利用者が手数料と併せて返済するシステムです。

ショッピング枠の利用で生じる手数料は現金の借り入れに付随する利息とは異なるので、過払い金請求を行うことが出来ない点を注意する必要があります。

過払い金が発生しているクレジットカード会社とは?

iphone-624709_1920

クレジットカードでは、ショッピングリボは利息が低いため過払い金が発生している場合は少ないですが、キャッシング枠では過払い金が発生している場合があります。

2007年頃に、クレジットカード会社各社が利息制限法の上限を超えない契約に切り替えるまで、つまり2007年以前にキャッシングしていた場合、過払い金発生の確率は非常に高いです。

クレジットカードの過払い金請求が一番多いのがエポスカードです。 エポスカードでの当時の利息は27%前後の方が多いです。 また、イオンでは29%前後の利息の方が多いです。

イオンは過払い金への対応も良心的で、本人による過払い金請求の場合6~8割、専門家の介入で8~9割、交渉次第では満額和解金を支払ってくれる事例も多くあります。そしてニコスでは19~29%の方が多いですが、ニコスでは本人による任意交渉ですと5~7割程度が限度となっていて、専門家に依頼して請求を行ってもらったほうが返還額は多くなると言えます。

他にも、セゾンやオリコ、セディナやアプラスなど、多くのクレジットカード会社で過払い金が発生している確率が高いです。

このように、会社ごとに過払い金への対応も様々ですので、それぞれの会社の過払い金への対応をしっかりと調べ、本人で請求するか専門家へ依頼するべきなのかを見極める必要があります。

クレジットカード会社に過払い金請求をする際の4つのデメリット

DI_IMG_5697_TP_V

過払い金請求をしたクレジットカードは使用できなくなる

過払い金請求は金融業者で作った借金にしか適用されないと思われがちですが、クレジットカードで作った借金にも適用されます。

ただし、キャッシング枠で作った借金だけです。 過払い金請求は正当な権利ですので、すでに借金を完済していたり、借金が残っていても返還されたお金によって借金が0になれば、ブラックリストには載らずに済みます。

過払い金請求をしても、条件をクリアしていればブラックリストには載りませんが、過払い金請求をしたカード自体は使用ができなくなります。クレジットカードを解約するという扱いになるためです。

ブラックリストに載らないからクレジットカードは今まで通り使えるだろうと勘違いをしてしまい、過払い金請求をした後にクレジットカードが使えなくて焦ってしまわないように気をつけましょう。 クレッジットカードを使いたい場合は、別のカード会社で新たにクレジットカードを発行してください。

債務が残る場合はブラックリストに載ってしまう

クレジットカードの過払い金請求をする際には、過払い分の利息の金額と請求時点で残っている債務額を考慮する必要があります。 なぜなら、過払い金で債務を精算出来ない場合は任意整理扱いとなり、信用情報機関に事故情報が記載されてしまうからです。

任意整理をした記載があると、いわゆるブラックリスト入りした状態となり、新規でクレジットカードを取得したり、他のカードの更新審査に通るのが難しくなるでしょう。載せられるのは原則として過払い金請求をして、解決した日から5年となりますが、途中で残債の支払い遅れがあった場合は、支払い終えてから5年となり、記載期間が延長されることがあります。

クレジットカードを過払い金請求する際には、時効の消滅も気になるでしょうが、過払い金で支払いきれない債務がある場合は、超過する分を支払い終えるまで待った方が良さそうです。

ショッピング枠の債務がある場合もブラックリストに載ってしまう

過払い金請求はクレジットカードのキャッシング枠にしか適用されません。 しかし、ショッピング枠の支払いは過払い金の対象にはならなくても、任意整理の対象にはなってしまいます。

過払い金の請求が適用されないから借金ではないと勘違いして、過払い金請求をしてしまうと、ブラックリストに載る可能性があります。返ってきた過払い金が、キャッシング枠とショッピング枠の合計金額を上回っていればブラックリストに載る心配はありません。

しかし、借金が残ってしまった場合、過払い金請求ではなく任意整理をしたとみなされてしまいます。 過払い金請求はブラックリストには載りませんが、任意整理はブラックリストに載ってしまいます。

クレジットカードのショッピング枠の借金がいくらあり、それを過払い金で帳消しにすることが可能なのかを計算してから請求をしましょう。

関連会社のクレジットカードやローンの審査が組めなくなる可能性がある

クレジットカードの過払い金請求をした場合、ブラックリストに掲載されないケースでも、該当するクレジットカードの再取得が難しくなることが考えられます。 クレジットカード会社によって違いますが、発行会社の社内情報として、過払い金請求があったことが長期間残ることがあるからです。

また、クレジットカードの発行会社が保証業務をしている場合、該当する関連会社のクレジットカードや、ローンの審査に通りにくくなる場合もあります。 保証業務とは、申し込みをした人に安心して貸付ができるかどうか審査をしたり、当事者が返済できなかった場合に弁済したりし、金融機関の代わりに債務を回収する業務を担当する業務のことです。

過払い金請求後にクレジットカードやローンの新規申し込みをする場合には、過払い金請求をした会社が保証業務として関わっていないか、関連会社ではないかということを確認して手続きをする必要があるでしょう。

過払い金請求をしてもクレジットカードは作れるのか?

credit-card-1583534_1920

完済している場合は過払い金請求をしてもクレジットカードは作れる

借金を完済した後に過払い金請求を行った場合は、別の業者で新規にクレジットカードを作る事は可能です。

クレジットカードの作成を申請すると、信販会社はその人の信用情報を審査して、事故情報が無いかどうかを調べます。 審査にパスすればクレジットカードを作れますが、そうでなければ作る事が出来ません。借金を完済していれば信用情報はキレイなままですので、過払い金請求を行うこと自体が信用情報にキズを付けることはありません。

以前は過払い金請求の行動を起こすだけで「契約見直し」という記録が信用情報に記載されていましたが、現在は金融庁によって指導が入り記載されることは無くなりました。従って完済していれば過払い金請求をしても、他の業者でならクレジットカードが作れます。

過払い金請求をして債務が残ってしまう場合はクレジットカードが作れない可能性が高い

クレジットカード会社は個人信用情報機関の情報を参考にして、クレジットカードの発行を行っています。そのため個人情報がブラックリストに載っていると、クレジットカードを発行することができません。

返済中に過払い金請求を行うと、このブラックリストに載る可能性があります。過払い金と借入金が相殺されて、債務が残らない場合はブラックリストには登録されません。

ですが、相殺しても債務が残る場合はブラックリストに載ってしまうのです。 過払い金を請求した会社のクレジットカードを作ることもできませんし、その他の会社のクレジットカードを作ることも難しいです。

ブラックリストに載ってしまうと、この場合5年間は記録に残ります。記録が消えるまでは、新たにクレジットカードを作ることはほとんどできません。 そのため過払い金請求はタイミングが重要になってきます。

クレジットカードの使用や新たなカードを作りたいのであれば、過払い金請求を完済後にするといいでしょう。過払い金請求は法律により認められた行為ですが、請求される側のカード会社などでは不利益をもたらす顧客として考えられてしまうのです。 そのことを理解してから、過払い金請求を行うと問題が起きにくくなります。

一度でも過払い金請求をした業者からはクレジットカードは作れない

過払い金請求をした場合は、完済していても、借金が相殺されて無くなったとしても、どんな場合でもクレジットカード契約は解除扱いになります。 そして過払い金請求をした業者からは2度とクレジットカードを作ることは出来なくなるのが通例です。

過払い金請求は、正当な権利と認められていますが、請求を受けた当の業者からみれば、あまり嬉しいものではないでしょう。 過払い金請求をされた後も引き続き顧客として扱うのは難しくなるのです。

一度でも過払い金請求を行った業者からは2度とクレジットカードが作れないと思った方がいいでしょう。 信用情報機関の記録にたとえキズが付いていない場合であっても、業者内部の資料に記録され、要注意人物扱いを受けることになり、新規に申請しても審査を通る事は難しくなります。

まとめ

ec-cash-1750490_1920

過払い金は、借金返済時に払い過ぎた利息分のことですが、利息制限法で定められた上限金利より高い金利で借りた場合に発生します。 クレジットカードでもキャッシング枠が該当する場合があり、過払い金請求を行うことによって差額分を返金してもらえます。

ただし、クレジットカードの場合は、該当のクレジットカードが使えなくなってしまったり、返済中に過払い金請求を行うとブラックリストに載ってしまう等のデメリットが存在します。 なお、完済後に過払い金請求を行えばブラックリストに載らず新たにクレジットカードを作ることができますが、過払い金請求を行った同一業者では作れなくなります。

過払い金請求を行う際にはこのような注意点を把握しておくことが必要です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守

関連記事