【徹底比較】アコムの過払い金請求におすすめ法律事務所

【徹底比較】

アコムの過払い金請求に
おすすめ法律事務所

【徹底比較】アコムの過払い金請求におすすめ法律事務所

アコムでお金を借りていた人は「過払い金請求」の手続きで、払い過ぎたお金を取り戻す事ができるんです。その際に数ある法律事務所の中から安心して過払い金請求の手続きを依頼できる事務所を探すのはなかなか難しいですよね。そこで今回はアコムの過払い金請求を依頼する法律事務所の選び方とおすすめの法律事務所をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください!

アコムで過払い金の対象となる条件と過去の金利

アコムで過払い金の対象となる条件と過去の金利

アコムに過払い金請求ができる人は、いわゆるグレーゾーン金利でアコムからお金を借りていた人です。利息制限法では、20%という金利の上限が定められており、それを超えた金利で利息を支払っていた場合、貸金業者の側の違法行為であり、法定5.0%の利息をつけて返還請求をすることができます。これは法律的にいうと、不当利得返還請求であり、10年の時効にかかります。しかし、時効が進行するのは最後に返済をした時点ですので、現在もアコムを利用していて返済を続けている人は、時効はまだ開始されてすらいません。すでにアコムからの借金を完済してしまって解約をした人は、最後に返済をしてから10年間が経過すると時効によって過払い金請求の権利が無くなります。

2010年6月に出資法が改正され、上限金利は20%となりました。これによって過払い金の問題は無くなったと考えている人がいますが、実はまだグレーゾーン金利の問題は残っています。利息制限法では、10万円以上100万円未満の借入では18%、100万円以上の借入では15%という上限金利が定められています。100万円以上の借入をしている人は、15%と20%の間の金利がグレーゾーン金利となります。しかし、貸金業法も同時期に改正されて、「みなし弁済」の規定が無くなったので、ほとんどすべての業者では利息制限法を守った適正な金利に見直しがされました。

アコムでは、2007年の6月に金利の見直しがされて、金利の上限が18.0%に変わりました。そのため、それ以後にアコムを新規で利用した人は、過払い金請求ができる対象者から外れます。2007年6月以前には、最高で27.375%という金利が設定されていましたので、それ以前に借りていた人は過払い金請求ができる対象者となります。よく誤解されていますが、100万円を超える貸付を受けていた人は、返済を進めて残高が100万円未満になっても、10万円未満になっても、利息制限法の上限金利は15%のままです。100万円を超える貸付を受けていた人は特に、高額な過払い金が発生している可能性があります。もちろん、100万円未満の借入をしていた人でも、グレーゾーン金利で借りていた人は過払い金が発生しています。まずは弁護士や司法書士に相談をしてみるのが良いでしょう。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

アコムの過払い金の返還率とお金が戻ってくるまでの期間

アコムの過払い金の返還率とお金が戻ってくるまでの期間

CMで流れる過払い金請求。過去に消費者金融からお金を借りていた方のうち、一定の基準を超えて利息を支払っていた方は払いすぎた利息について返してもらえます。返してもらえる金額は債務の額によって異なりますが、本来的に言えばその全額について返金してもらえます。

もっとも、10年近く前のことになると、いくら借りたのか、いくら返したのかなどの資料が既に手元にないかもしれません。このため、場合によっては訴訟を諦め、和解による交渉を進めた方が有利なケースもあります。一般的にアコムの過払い金返還率は8割から9割といわれていますので、気になる方は司法書士事務所や弁護士事務所に相談してみてください。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

アコムから過払い金請求する際のポイント

アコムから過払い金請求する際のポイント

払いすぎた利息が返ってくる可能性がある過払い請求は、忘れずに行っておきたいものですが、実はアコムへの過払い請求はデメリットが生じる場合もあります。ここではアコムへ過払い請求する際のポイントをご紹介していますので、ぜひご一読ください。

過払い請求を行う前に借り入れを完済しておくこと

まずアコムへ過払い請求を行う前に、全ての借り入れを完済しておくことが何よりも大切なポイントになります。アコムからの借り入れがある場合はもちろん、アコムが吸収した「じぶん銀行ローン」「DCキャッシュワン」「バンクイック」などの借り入れが残っていないか必ず確認するようにしてください。またアコム以外からの借り入れがある方は手続きも煩雑になりますし、ブラックリスト(信用情報)に載ってしまう可能性が高くなりますので注意が必要です。気になる方は、過払い請求を行う前に一度弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。

アコムの過払い金請求の対象は20%以上の金利で借り入れしていた方

過払い金は金融機関から金利20%以上のグレーゾーン金利で借り入れをしていた方が対象になります。グレーゾーンの金利見直しが始まったのが2006年、その後2010年に利息制限法が改正され、消費者金融などの貸金業者の金利が20%以下に抑えられるようになりました。アコムの場合は、2010年の利息制限法の改定前、2007年6月頃から金利が変更されていますので、2010年以前の借り入れでも20%以下の金利で借り入れをしていれば過払い請求を行うことはできません。

過払い請求の時効が成立していないか確認しよう

一般的に借り入れ期間が長いほど過払い金も大きくなります。ですが、ここで気をつけなければいけないことは、過払い金請求には10年の時効が設定されている点です。つまり、たとえ過払い金があったとしても、借り入れの完済から10年が経過してしまっていると時効が成立してしまい、過払い金請求は行えないということになります。

過払い金請求を行うとアコムカードは自動的に解約になる

アコムへ過払い金請求を行うと、アコムカードは自動解約になります。もしショッピング機能があるアコムマスターカードを生活のメインカードとして利用していた場合は、過払い金請求を行う前によく確認するようにしてください。

アコムの過払い金返還率と期間について

アコムの過払い金請求後の返還率は、85%から100%と業界内でも高めになっています。和解交渉の場合はアコムの対応も迅速ですので、最短で3週間ほどで和解交渉は終了しますが、過払い金の返還率は70%から80%になるケースが多いようです。一方、アコムから和解案に納得できず訴訟を起こした場合、返還率は高くなりますが、弁護士費用や訴訟費用がかかる、過払い金返還までの期間が4か月から6か月と長くなるなどのデメリットがあります。

ポイントをおさえて、できる限り得ができるように、アコムへ過払い金請求をしましょう。

\おすすめです/

過払い金請求や債務整理をしようと思っても弁護士、司法書士に依頼するのは・・・。怒られるんじゃないか。どんなこと聞かれるのか。費用がたくさんかかるんじゃないか。とても心配ですよね。そんな方におすすめなのが街角相談所-法律-。

街角相談所-法律-なら、無料・匿名で過払い金や減額のシミュレーションができます。事務所に相談する前に匿名でOKで、無料で診断ができ、今すぐシミュレーションができます。

街角相談所-法律-の公式サイトを見てみる

自分でアコムから過払い金請求する方法と注意点

自分でアコムから過払い金請求する方法と注意点

アコムは大手の銀行グループに属しており、資力のある会社なので、自分で過払い金請求を行うというのも1つの選択肢となります。過払い金の金額に少しの妥協をすれば、最短で2ヶ月程度でお金を回収できることもあります。

まずはアコムに取引履歴を開示してもらう

アコムでは2007年6月に金利の見直しが行われ、それまで最高27.375%という金利がとられていたのが、最高でも18%という金利に正されました。2007年6月までにアコムで借金をしていた人は、グレーゾーン金利で借りていた可能性が高いので、取引履歴を開示してもらって、過払い金の金額を計算してみましょう。

取引履歴を請求する時は、アコムのお客様相談センター(0120-036-390)に電話をするだけで足ります。簡単な本人確認がされた後、本人からの請求ならば1週間~2週間程度で取引履歴が自宅に届くようです。

アコムは取引の明細についてかなり昔の分まで保管しているので、30年前に契約をしたという人でも、基本的にすべての取引履歴について取り寄せることができます。時効にかかっていないならば、20年前、30年前の過払い金についても請求ができます。

過払い金の金額を計算する

アコムから取引履歴が届いたら、それをもとにして過払い金の金額を計算してみましょう。自分で計算を行う場合には、計算ミスに注意をしておきましょう。過払い金の金額の計算で失敗して、金額が少なくなってしまっても、基本的にはアコムから指摘されることはありません。自信がない場合には、専門家に依頼をするのが無難です。

現在も返済を続けている人は、過払い金を引き直し計算してなお借金が残っている場合には、任意整理をすることになってしまうということが注意点になります。その場合にはデメリットも生じてくるので、弁護士などに相談をしたほうが良いでしょう。

アコムと和解交渉をする

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループに属しており、資力のある会社ですので、個人で過払い金の交渉をしても、80%くらいの高い割合で和解が成立することが多いようです。裁判をすれば100%の過払い金に加えて、法定の5%の利息もつけて返還される可能性が高くなるので、和解の提案に応じる時には慎重に考えましょう。和解交渉で解決をした場合、80%くらいの返還割合になってしまいますが、最短2ヶ月程度でお金が支払われるというメリットもあります。裁判になると手間と時間がかかる上、平均して4ヶ月~6ケ月程度の期間がかかります。

裁判の途中で和解交渉が成立することも

アコムと交渉をして提示された金額に納得がいかなければ、訴訟を提起することになります。裁判を素人がやることはハードルが高いので、この時点でもう一度弁護士に依頼をすることも検討してみましょう。

裁判の途中で和解が成立することもよくあります。アコムは資力のある会社ですので、裁判の途中で交渉をしてみると、ほぼ100%の過払い金で和解ができたということもあります。

過払い金が支払われる

アコムに過払い金請求をして、和解が成立した場合、もしくは裁判で判決が出た場合には、その後およそ1ヶ月でお金が指定した口座に振り込まれます。

アコムの過払い金請求への対応の評判は高く、個人で過払い金請求をするというのも悪くありません。しかし、過払い金の金額が大きい場合には、弁護士に依頼をしたほうがメリットが出る可能性が高くなりますので、なるべく両方のケースについてシミュレーションをしてみましょう。個人で解決をすることにこだわらず、弁護士に依頼をするという選択肢も考えたほうが、満足のいく解決ができる可能性が上がります。

アコムから取引履歴を開示請求する窓口

個人でアコムに取引履歴開示請求を行う場合には、次の手順を踏むのが一般的です。まず、アコムのお客さま相談センター(0120-036-390)に電話をして、取引履歴を送付してほしい旨を伝えます。その後、開示請求書をインターネットからダウンロード、もしくは郵送してもらい、開示請求書に必要事項を記入して郵送します。

この手順を踏むことで、本人からの請求の場合には、1週間~3週間程度で取引履歴を受け取ることができます。アコムの店舗まで行けば、即日で受け取ることができるケースもあります。弁護士や司法書士に過払い金請求の依頼をすれば、開示請求から手続きをすべて代行してくれます。

弁護士だからこそできる解決方法があります

\おすすめです/

一般的な弁護士と聞くと「恐く」て、借金の相談をしたら怒られるんじゃないかと心配ですよね。そんな方におすすめなのが弁護士法人サンク総合法律事務所。

アットホームで相談しやすい雰囲気、債務整理に特化した豊富な相談実績(月600件以上)、初期費用の分割・後払いに対応と実際に相談したが多くの好印象をもっています。お話しさせてもらった印象も、物腰柔らかい印象で、樋口先生はわかりやすく、丁寧に債務整理のことを教えてくれました。

弁護士法人サンク総合法律事務所の公式サイトを見てみる

アコムの過払い金請求をお願いする法律事務所の選び方

過払い金請求の件に関わらず、数ある法律(法務)事務所の中から安心して任せられる事務所や弁護士を選ぶのは非常に重要なことです。アコムの過払い金請求に対する実績や費用などは、インターネット等である程度調べる事はできますが、最終的に信頼できるかどうかを判断するためには、やはり実際に相談をしてみるのが1番です。

以下にアコムの過払い金請求をお願いする法律事務所の選び方について解説いたしますが、まずは無料相談に対応しているかどうかという点を事務所選びの基本にしてください。

法律事務所と法務事務所の違い

法律事務所と法務事務所、少し呼び方が違うだけで同じ様な業務内容だと思われるかもしれませんが、実は大きな違いがあるのです。

弁護士事務所と司法書士事務所

「法律事務所」はわかりやすく言えば弁護士の事務所の事です。法律(弁護士法 第20条)で「弁護士の事務所は、法律事務所と称する」と定められており、弁護士が士業として事務所を開設する場合は「○○法律事務所」としなければなりません。つまり、もう一方の「法務事務所」は弁護士の事務所ではないのです。法務事務所は、法律事務所の名称が使用できない、弁護士以外の士業である行政書士や司法書士の事務所です。

過払い金請求の場合でいえば、積極的に扱っている大手の法務事務所は司法書士の事務所である場合が多いです。司法書士は本来、不動産や法人の登記の代理などが主な業務です。しかし、平成14年の司法書士法改正の際に導入された「認定司法書士制度」によって、限られた範囲での民事訴訟手続き代理業務(簡裁訴訟代理等関係業務)が可能になりました(司法書士法 第3条)。

認定司法書士と業務の範囲

新たに導入された「認定司法書士」とは、特別研修を修了した上で認定考査を受け、その結果、法務大臣から簡裁訴訟代理等関係業務を行う能力を有すると認定された司法書士のことをいいます。認定司法書士になると、簡易裁判所の管轄となる訴額140万円以下の民事事件の交渉や和解、訴訟などの代理人になることができます。この制度によって、限定的ではありますが、司法書士の業務に新な広がりが生まれ、「過払い金請求なら〇〇事務所へ」というCMなどでも目にするようになったのです。

最初から過払い金額が140万円以下になる事が明らかであれば、法律事務所だけでなく、法務(司法書士)事務所を含めてどこに依頼するのかを検討してもいいでしょう。

ただし、司法書士が訴訟代理人を務められるのは、簡易裁判所での訴訟に限定されます。もし第一審(簡易裁判所)で決着がつかなかった場合、第二審(控訴審)は地方裁判所が管轄となるため、この段階で司法書士は訴訟代理人になる事ができなくなるのです。法務事務所への依頼も検討する場合は、司法書士の業務範囲や制限を充分に踏まえておいてください。

事務所の雰囲気や弁護士・司法書士の人柄を知る

過払い金請求は事故などの損害賠償請求と違い、借金というデリケートな問題を含みます。本来であれば誰にも知られたくはないですよね。そうした微妙な問題を信頼して任せられる弁護士(司法書士)を選ぶためには、事務所の雰囲気や弁護士(司法書士)の方針、人柄をしっかりと確認する事が大切です。

相談だけであれば自分の借金の事情などは具体的に明らかにしなくても、疑問点や不安なに思う事、わからない部分などを聞く事はできます。できれば複数の事務所に相談して聞きたい事を確認しながら、親身になって話を聞いてくれるか、メリット・デメリットなどをきちんと説明してくれるかなど、しっかり見極めましょう。

ちなみに、過払い金請求は比較的手続きが容易で、事務員や相談員と称される職員が主に対応する場合も少なくはありません。一部の悪質な事務所には、完全に事務員に丸投げされているような状態で、本契約ですら電話やメールだけで済ますようなところもあるのです。弁護士(司法書士)本人との面談もなく契約させようとする事務所は、避けた方が賢明です。

信頼度と費用(報酬)のバランスを考える

事務所に対する信頼感と共に大切なのは、やはり費用面です。

過払い金請求というそもそも払う必要のなかったお金を取り戻す手続きの為に、現状の資力に見合わない費用をかけてしまっては本末転倒です。そういう意味でも無料相談に対応しているかどうかは、事務所を選ぶ際の大切なポイントとなるのです。

費用面については、サイトなどに記載されている場合も多いですが、成功報酬はいくらぐらいか、各手続きにどれくらい費用がかかるのかなど、具体的な金額について無料相談の中で確認しましょう。特に、弁護士報酬については、以前には日本弁護士連合会が定めた規定があったのですが、平成16年に廃止され自由化されています。各弁護士が独自の基準で定めているものなので、しっかり確認しておきましょう。

費用が高いから確実性がある、有利に進められるとは限らないので、事務所に対する信頼感と費用とを秤にかけて、納得できるところに依頼するようにしてください。

過払い金請求費用の種類

さて、事務所選びのポイントとして費用面について言及しましたが、実際に依頼する事になった場合、具体的にどのような費用がかかるのでしょうか。

相談料

後述するおすすめの事務所では、主に無料相談に対応している事務所をご紹介していますが、相談についても有料の事務所がもちろん存在します。ただし、過払い金請求については、無料相談を実施している事務所が多いです。繰り返しになりますが、法律(法務)事務所を選ぶ際、相談料が無料かどうかをまず基準にするのがいいでしょう。

着手金

依頼した案件の成果に関わらず、依頼をした段階で支払う費用です。着手金は、もし途中で依頼した弁護士(司法書士)を解任しても基本的には返ってきません。気に入らなければ解任してしまえばいいと、安易に考えないようにしてください。

基本報酬

依頼した案件について解決した際に支払う基本的な報酬です。過払い金請求の場合は、請求先(金融業者等)1件ごとに費用がかかる場合が多いです。

成功報酬

過払い金請求であれば「回収した金額」に対してかかる報酬です。裁判をしたかどうかによって、報酬の割合が変わる場合があります。定められている割合は事務所によって様々ですが、全体的にみて弁護士の方が司法書士よりやや高めになっている傾向があります。

減額報酬

過払い金の計算をした際、過払い金は無いものの「借入金の残金を減額させた」際に発生する報酬です。元の借金額と減額させた額の差額に対してかかります。したがって、過払い金があった場合は発生しません。

この他、手続きにかかった諸費用(実費)が請求される場合もあります。費用については相談時によく話を聞き、実際に契約となった際にも契約書に書かれている内容をしっかりと確認するようにしてください。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

アコムの会社概要

アコムの会社概要

アコムは、店舗に行かなくてもカード発行ができ、契約して即日から現金のキャッシングができる自動契約機「むじんくん」を開発した会社です。今でこそ日本の各消費者金融会社は自動契約機を導入していますが、日本で最初に契約機を導入したのがアコムで、ユニークなCMの宣伝効果もあり、日本を代表する大手金融会社として名前が知れ渡っています。もともとは三菱信託銀行がメインバンクでしたが、2004年に三菱UFJフィナンシャルグループと戦略的業務提携、資本提携を結びました。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの子会社として運営されている大手銀行系の会社であり、未だにテレビCMや広告なども頻繁に見かけ知名度も抜群なので、経営は安定しているといわれています。よって、過払い金の請求にも良心的に対応してくれ、80〜90%の過払い金請求額が返還されます。

ブランド名 アコム
商号 アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)
代表取締役 木下盛好
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-1-1明治安田生命ビル
創業日 1936年(昭和11年)4月2日
設立日 1978年(昭和53年)10月23日
資本金 638億3,252万円
決算期 3月31日(年1回)
従業員数 6,143名(連結)、1,916名(単体)
賃金業者登録番号 関東財務局長(11)第00022号
包括信用購入あっせん業者登録番号 関東(包)第5号
加盟団体 日本賃金業協会、一般社団法人日本経済団体連合会、一般社団法人日本クレジット協会
親会社 株式会社三菱UFJフィナンンシャル・グループ
グループ会社 アイ・アール債権回収株式会社、エム・ユー信用保証株式会社、EASY BUY Public Company Limited、PT. Bank Nusantara Parahyangan, Tbk.、エム・ユー・コミュニケーションズ株式会社、マルイトグループ(マルイト株式会社、ホテルモントレ株式会社、山王スペース&レンタル株式会社、山王ファシリティーズ株式会社、株式会社隨縁リゾート
関連サービス 三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)、DCキャッシュワン、自分銀行カードローン

アコムに過払い金請求をした体験談

  • 50代
  • 会社員
  • 女性

私は40代の頃、非常にお金を使う方で、友達と一緒に海外旅行によく行ったり、ブランド物のバッグや財布をよく買っていたので、いつもお金が無かったんですよね。

ある日、どうしても欲しいバッグが入荷していて、給料日までまだ日にちがあったという事もあり、軽い気持ちで15万円をアコムで借りたんです。

割とあっさり借りれたという事もあり、二ヶ月後にはまた追加でお金を借りるなどを繰り返していると、いつのまにか借金のほうが150万円に膨れ上がっていたんです。

それからは返す事に集中し、50代になってかなり返したつもりだったのですが、それでも中々借金の残高は減らずに悩んでいたところ、過払い金請求が出来るという事を知り、もしかしたら自分は借金を返しすぎているじゃないかと思っていましたので、早速過払い金請求が出来る弁護士の方に相談してみました。

すると、予想通り私は過払いをしていたようで、結果的には50万円も返ってくる事になり、凄く得した気分になったのと同時に、やっと借金が終わったという安堵感に包まれました。

もう、なるべく借金をするのは控えようと思っていますし、もしも自分は払いすぎていると気になっているのでしたら、一度弁護士の方に過払い金について相談してみるのが良いです。

  • 50代
  • 主婦
  • 女性

40代の時に、短大を卒業して就職をせずに飲食店でフリーターをしていました。月に15万円は稼いでいましたが、遊ぶお金や携帯代が足りなくて困った時に、アコムでお金を借りました。アルバイトでも、審査が通ったのが驚きでした。50万円の限度額で始めは3万だけ借りて、それ以上は借りないと決めていたのですが、事あるごとにお金が足りなくなるとATMで借り入れをしました。気づくと50万円の借金になっていたのです。それから、毎月利息だけを払うということが続きました。それこら数年後に就職できたので、ボーナスが入った時に返したり、少しずつですが、借金が減っていきました。そして、7年で50万円をやっと返し終えました。

借金を返し終えて、ホッとした矢先に過払い金請求というのを新聞広告で知りました。高い金利で支払いしていたので、私も過払い金が発生しているかもと思いました。司法書士の先生に依頼して調べてもらうことになり、その結果、過払い金45万円があることがわかりました。そして、過払い金請求をしたら、満額の45万円を取り返してもらえました。とても嬉しく、払いすぎたお金がこんなにあるのかと、びっくりで喜びました。司法書士の先生には感謝の気持ちで一杯です。

  • 40代
  • 土木業
  • 男性

私は仕事をしている時間以外は、友人とお酒を飲みに行くかパチンコやボートレースなどのギャンブルをしていることが多く、お金が足りなくなったら平気でアコムに借金をしに行っていました。アコムに行けば簡単にお金を借りることができるので借金に対する抵抗が全くなく、金銭感覚は完全に麻痺していました。

しかしある時ケガをして仕事ができない日が続き、借金の返済や毎月の支払ができるか分からないほど危ない時がありました。それ以来もう少し計画的にお金の管理をしなければならないことに気付き、借金をすることは無くなりました。

しかしこれまで長年し続けてきた借金が残っており、いくら返しても一向に減る気配がありません。今ではケガも治り収入は安定しているのですが、いつまたケガや病気のせいで仕事ができなくなり、収入がストップしてしまうかと思うと不安になってしまいます。

ある日現場の親方と借金の話をしていると、いちど弁護士に相談して過払い金請求できないか確認してみたらどうかという話になりました。翌日早速知り合いの弁護士に尋ねてみると、私の場合約80万円の過払い金を取り戻せる可能性があるとのことでした。過払い金請求など自分には縁がないと思っていましたが、こうして調べてもらうことでお金が返ってくることもあることを知り嬉しかったです。

  • 40代
  • パート
  • 女性

私は週に3回ほど近所のスーパーマーケットでパートをしているのですが、休みの日は特にすることもなく、夫が帰ってくるまでの時間を持て余している頃がありました。そんな時何気なく始めたのがパチンコで、気が付いたらかなりのめり込んでしまっていました。いつの間にかパートが無い日には必ずと言っていいほどパチンコ店に通うようになっており、時にはアコムでお金を借りてしまうような日もありました。

借金は一度手を出してしまうと癖になってしまい、自分のパートの給料だけでは返済できない金額まで借りてしまっていました。結局はパチンコで遊ぶお金どころか高額な借金だけが残ってしまい、夫に謝って一緒に返済してもらうことになりました。

それから7年ほどたったある日、あまりにも借金を完済できないので近所のお友達に相談してみたところ、弁護士に過払い金請求ができない尋ねてみるといいと教えてもらいました。早速紹介された弁護士に過払い金請求ついて相談してみると、今まで返して来たお金の中から60万円は取り戻せる可能性があることが判りました。それまではいつ終わるか分からない借金の返済にただただ苦しんでいましたが、払いすぎたお金が戻ってくる可能性があることを知り、少しだけ気持ちが明るくなりました。

  • 40代
  • サラリーマン
  • 男性

私は大学時代から飲み会の度にアコムでお金を借りてから飲み行くことが習慣になってしまい、大学を卒業して社会人1年目の時には既にかなりの金額の借金を背負っていました。それでもこれから社会人として働いてお金を稼げると思い込んでいたため危機感は薄く、学生時代と同じようにお金を借りてから飲みに行く習慣は直さずにいました。

しかし社会人として数年間働いてみると想像以上に給料は安く、借金の返済も思うように進みませんでした。その頃からだんだん借金に対する危機感が強まり出し、さすがにお金を借りて飲みに行くということは無くなりました。そしてそれ以降は真面目に借金返済に取り組んでいるのですが、なかなか完済の目処が立ちません。

ある時会社で借金の返済について考えている内に暗い顏になっていたようで、先輩に心配される日がありました。私は思い切って先輩に借金の悩みについて相談してみると、弁護士のところに行き過払い金請求について教えてもらうように勧められました。当時私は過払い金請求に関してはなにも知りませんでしたが、弁護士に相談してみると、もしかすると借金の返済として払いすぎたお金を取り戻すことができるかもしれないとのことでした。実際に調べてもらった結果、約50万円ほどは取り戻せる可能性があるとのことで、今までの暗い気持ちが少し明るくなりました。

  • 50代
  • フリーター
  • 男性

私は50代にも関わらず定職に就かずにアルバイトを点々としながら実家暮らしを続けています。休みの日は大好きなゲームをしたりアニメ鑑賞をしていることが多く、たまにフィギュアを買いに出かけたりもしています。私はこのような趣味の品物についお金を遣ってしまい、数年前はアコムでお金を借りて買い物をすることもよくありました。ひどい時には週に3回も借金を繰り返してしまうこともあり、そんな生活を続けていたせいで、気が付いた時にはフリーターの私ではどうすることもできないほどの金額に達していました。それでも何とかアルバイトで得たお金を借金の返済に充てていましたが、なかなか借金の金額が減っていく様な実感はありませんでした。

ある時なんとなくインターネット検索をだらだらやっていると、過払い金請求についてのホームページにたどり着きました。何でも、弁護士に相談すれば払いすぎた借金の返済金が戻ってくることがあるらしく、とりあえず弁護士に相談してみることが重要とのことでした。私は普段の生活の中で弁護士と話をする機会一切なかったので迷いましたが、大切なお金を取り戻すため思い切って相談してみることにしました。結果、私にも過払い金があり、過払い金請求をすることで現在の借金の合計金額を減らすことが判明しました。

  • 40代
  • カフェ店員
  • 女性

私はカフェでアルバイトをしているのですが、毎月の給料だけでは好きな洋服やアクセサリーを買うことができず、どうしても我慢できない時はアコムでお金を借りる癖が付いてしまいました。初めの内は借金をしては給料日にはきっちり全額返済をしていたのですが、慣れてくると借金の金額も増えてきて、なかなか簡単に返せなくなってきました。それでも借金癖は治らず、最終的に気付いた時には、アルバイトをしているだけでは返済できないような金額にまでなってしまいました。

それでも数年間は完済に向けて頑張りましたが、最終的には親にお金を借りて借金返済に充てることになりました。親にはひどく怒られましたが、返済日に追われる日々が終わったことで少し気持ちが楽になりました。

数か月後、母親から急に連絡が入り、過払い金請求をすれば払いすぎた借金が返ってくるかもしれないという事を教えてもらいました。まずは弁護士に相談して過払い金があるかどうかを調べてもらい、それからお金を取り戻してもらう依頼をしなければなりません。私の場合30万円ほどの過払い金があったようで、弁護士の方に取り戻してもらうよう依頼をすると迅速に対応してくれました。母親にも報告すると、少しでも現金が返ってくるので嬉しそうでした。

  • 50代
  • 塾講師
  • 男性

私は仕事の休みの度に競馬場に足を運んでしまう癖があり、熱が入りすぎてアコムに借金をしながら競馬を楽しむこともあります。お金が無くなれば止めるという基本的なことすら忘れてしまい、ついギャンブルに夢中になってしまうところがあるのです。アコムはテレビCMで見慣れていることもあり、また実際とても簡単に借りれてしまうので、借金にたいする抵抗が薄れていました。一度借りると、二度三度と平気で借金を繰り返してしまい、一年ほどでかなり大きな金額になってしまっていました。

さすがにこれ以上借金の金額を膨らませるわけにはいかず、今では一切お金を借りに行くことも競馬場に行くこともなくなりましたが、当時競馬で作った借金は返しても返しても無くなりません。仕事場でもつい自分の作った借金の愚痴をこぼしてしまったのですが、ある時職場の後輩が過払い金請求について調べてきてくれました。私のように借金の返済を繰り返しているのに借金額が減らない場合、かなり払いすぎている可能性があり、ひょっとしたらいくら戻ってくるかもしれないらしいのです。試しに弁護士に相談してみたところ、私も数十万円取り返せる可能性があるらしく、さっそく依頼して取り返してもらうことにしました。過払い金請求など自分には関係ないと思っていましたが、実際にいくらか現金が戻ってくることになり良かったです。

  • 40代
  • 会社員
  • 男性

これまで何度か消費者金融からお金を借り足りした事があったのですが、競馬にハマってしまい気が付けばかなりの金額の借金を抱えてしまいました。なんとか次のレースで取り戻して返済に充てればいいと考えている内に、毎月の利息だけでもとんでもない金額に膨らんでいました。

妻に生活費を渡さなければいけないのに給料のほとんどを競馬につぎ込んでしまっていたので、ばれない内に何とかしなければいけないと悩んでいた時に過払い金請求の事を知りました。

法律の事などは正直詳しくなかったので不安もありましたが、アコムに大量にお金を借りており、請求書がどんどん貯まっている状態だったので相談する時はわらにもすがるような気持でした。

過払い金請求を行ったところ、まだ返済が残っていた借金は無くなり、それどころか100万円以上のお金が戻って来ることになりました。

おかげで妻に借金の事もばれずに済み、今回の事に懲りて競馬も止める様にしました。過払い金請求をしていなかったらお金だけでなく家族も失ってしまったと思うと、本当に馬鹿な事をしていたのだと気が付く事が出来ました。同じように悩んでいる人は、話をするだけでも取り敢えず行動を写すべきだと思います。

  • 50代
  • アルバイト
  • 男性

2005年ぐらいにアコムからお金を借りたことがあります。借りたきっかけは、商売を始めようと思ったからです。当時銀行では貸してくれませんでしたので、消費者金融のアコムを選びました。期限までにはすべて完済をしており、アコムとかかわることはこれ以上ないだろうと思っていました。ある日、週刊誌の過払い金請求の特集を見て、自分も過払い金請求ができるのではないかと思ったのです。実際に私が借りたのは法律が改正される前ですので利息が高かった時期です。しかもすべて返済し終わっていますので過払い金に対して利息が付いている可能性もあり、それなりの金額を請求することも可能ではないかと思いました。

知り合いの知り合いに過払い金に強い弁護士がいたので、話しを聞いてみると、どうやら請求をした方がよいということでした。しかもできるだけ早くした方がよいということだったのです。その弁護士が言うには、過払い金にも消滅時効があるため、完済をした時から10年間で請求することができなくなるということです。その話しを聞いて、私はできるだけ早く請求をしようと、弁護士にそのままお願いをしました。

金額を出してもらうと、どうやら私の過払い金は45万円ということでした。全額取り戻すのは難しそうだったので、和解をすることにしました。結果的に過払い金のおよそ7割ほどを取り戻すことができたのです。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守